■風俗情報:超刺激的な風俗で楽しんじゃおう

"性感ヘルスにおきまして基本となるサービス内容というのはファッションヘルスとほとんど同じとなっています。
ただし性感ヘルスでは、プレイが濃厚で舌を使用してねっとりとしたプレイを楽しむことが出来るのが魅力です。
近年の法改正によって、店舗型の風俗営業が難しくなり、多くの業者が派遣型のデリヘルとして営業をしています。
デリヘルや風俗で働く女性は、未経験者が多く、素人の女性とエッチなことを楽しむことが出来ます。
性感ヘルスはちょっと前までは非常に人気の風俗でしたが、店舗型のお店は法律の関係上、最近では少なくなっています。
今では派遣型として『デリバリー性感ヘルス』として営業形態を変えて営業をしています。
ヘルスやデリヘルなどでは、女性と男性がお互いに攻め合ったりすることでしょう。
しかし性感ヘルスの場合には、基本的に女性が男性に攻めていく形が多くなっています。"



■風俗情報:超刺激的な風俗で楽しんじゃおうブログ:2019-1-20

文化鍋でライスを炊くと…
コトコトと鍋の音がしてきて、
なんともいえないいい匂いが立ち込める…

僕はこれがたまらなく好きです。

よくいろいろな人が出入りする家庭で、
僕は育ちました。

ときどき自宅の庭で薪を使って
1升くらいのライスを炊くことがあったのですが、
そういう時は決まって近所の人たちにおすそ分け。

お母さんは五目ずしやお赤飯など
大きな飯台に大量に作ってもみんなに配ってしまって、
僕たちがいざ食べようとすると
「あれ、これしかない」などということが多々ありました。

お正月には我が家で餅つき。
餅をつくのは父親、合いの手はお母さん。
もち米を白蒸しにした出来立てを塩むすびにしてもらいました。

他にも餡ころ餅や、節分には青ノリを入れてついたなまこ餅、
ひな祭りの菱餅づくりなど…
一年で3〜4回のお餅つきは恒例行事。

なので
我が家のライスというと…
薪で炊くライスの匂いや、
白蒸しにした餅のイメージが鮮明に思い浮かぶんです。

「おはぎとけんちん汁」
これがお母さんの定番メニューでした。

おはぎを大量に作り、
あとは鍋いっぱいにけんちん汁が作ってありました。

幼い頃ドロンコ遊びの気分で、
おはぎ作りを手伝っていた僕ですが、
実は、この組み合わせが嫌いだったんですよね。

でもなぜか、お母さんの味といって思い出すのは
やっぱり「おはぎとけんちん汁」。

不思議なものですねぇ〜
他にも作ってもらった物はたくさんあるはずなのに…
おはぎとけんちん汁ばかり覚えているのです。

味がどうのこうのというより、
それを食べるとお母さんを思い出す、
それがおふくろの味なのでしょうね!